株式会社ドリル Home > アメブロカスタマイズ > アメブロとは > 【アメブロカスタマイズ】アメブロを選ぶメリット・デメリット

【アメブロカスタマイズ】アメブロを選ぶメリット・デメリット

たまにクリックで応援して頂けると、励みになります。
⇒《人気ブログランキング》

2013 01 08 1911

 

今までの内容を見ていると、メリットばかりの様に見えるアメブロですが、当然デメリットもあります。
その他のブログサービスを選ぶか、自前でサーバとブログを用意するのか。
選択肢はいくらでもあります。

 

ブログは長く続けて行く物です。
しっかりとメリット・デメリットを抑え、リスクなどを理解した上で、 利用するサービスを選択しましょう。

アメブロxワードプレス連動ツール アメプレス
アメブロビズ3 集客の為のアメブロビジネステンプレート Ameblo Biz3

 

アメブロを選ぶメリット・デメリット

他のブログサービスにくらべメリットばかりと見えるアメブロですが、当然デメリットもあります
アメブロを選ぶメリットと、気をつけておきたいデメリットをまとめます。 

 

アメブロを選ぶメリット

  • SEOに強い 
  • コミュニケーション機能が豊富 
  • 基本無料で利用する事ができる 
  • 初めてでも簡単に使う事ができる 
  • ユーザー数が日本最大 
  • デザインを自由にカスタマイズできる

先にも説明した通り、他のブログにはないコミュニケーション機能があるので、ユーザー同士の交流がとても活発です。
「有名人が多い」⇔「ユーザー数が多い」⇔「コミュニケーションがとれる」… と言った、良いスパイラルが生まれています。

また、管理画面も使いやすく機能も豊富です。
にも関わらず、基本無料にて使う事ができます(広告を外す場合は980円/月が別途必要)。

デザインも自由にカスタマイズする事ができるので、趣味だけでなく、ビジネスとしても活用することができます。
また、専門的な話になりますが「ameblo.jp/xxxxx/」の様に、ドメイン配下に全てのブログが作成されるので、SEO的にドメインの恩恵が受けられ、自分でサイトを始めるより、検索エンジンの上位に表示されやすくなります。

 

アメブロを選ぶデメリット

  • アメブロのメンテナンスがあり、その間は見る事も書く事もできない。 
  • 突然仕様が変更になる事がある 
  • デザインのカスタマイズに制限がある 
  • 記事のバックアップ機能がない 
  • 原則として商用利用禁止
  • Googleの検索結果に表示されない可能性がある

システムがバージョンアップする時など、定期的にシステムもメンテナンスを行う場合があります。
この際は全ての機能が使用不可となってしまいます。
また、バージョンアップによって仕様が変更になってしまう場合があります。

特に気をつけておきたいのが4番目5番目です。
アメブロは「原則として商用利用不可」としています。

このルールを破ると一切の警告もなくブログや記事が削除されてしまいます
しかも、アメブロにはバックアップ機能がない為、削除されてしまうと元に戻す事ができません

ただし、「アメブロのご利用規約」を読むと金銭のやり取りやそれに誘導する行為を禁止するといった文面になっています。
ですので、「商品やサービスを売る」のではなく、「つながりを作る」「パーソナルブランディングを行う」「お店の紹介をする」と言った目的で使用する方が安全だと思われます。

つまり、最終的な権限が「アメブロ側にある」と言う所が最大のデメリットになってしまいます。

また、メリットとしてSEOに強いと書いたのですが、その反面として同じドメイン「ameblo.jp」からは4件までしかGoogleの検索結果には表示されません。
なので、同じ内容で書いているブログが存在すると、検索結果に表示されない可能性があります。 

 

まとめ

他のブログサービスと比べ、コミュニケーション手段が多いのが最大のメリットになり、著作権などの最終的な権限がサイバーエージェントにあると言う事が最大のデメリットになります。

ただ、コミュニケーション手段はSNS以外で実現するのは難しい為、ブログサービスとしては唯一であり、それだけでも選ぶ価値があります

逆にデメリットに関してはどこのブログサービスを利用してもあまり変わりません。
ユーザー数 第2位の「FC2ブログ」は逆にここが厳しくない(かなりユルい)為、利用しているユーザーが多いと言えます。
(FC2ブログはバックアップ機能もあります) 

かかる費用と見てもらえる数などを考慮すると、アメブロはとても効果的なメディアと考えます。 
もし不安であれば自前でバックアップをとる事をおすすめします。 

また、SEOに関しては内容を計画的に濃くし、専門性をもったブログを目指しましょう。









[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です